これらの取り組みを通じて地域コミュニティの活性化や新たなまちづくりに資することは、そもそも我々の事業基盤の活性化につながるものであります。ますます「すぎなみ」が住みやすく、安全で安心して暮らせる魅力あふれる街にしていくために、杉並建設防災協議会の主旨に是非ご賛同いただき、ご入会いただけますよう、宜しくお願い申し上げます。


普段はなかなか接点のもてない事業所も協議会でのつながりを通して、会員同士の情報交換や交流をはかることで、非常時に役立つ知識・ネットワークを構築してまいります。

区切り線

救急救命講習やAED講習といった講習会の開催により、災害時に役立つ識・技能を学んでいきます。
このような人材を事業所に増やすことで、地域住民への安心感を提供していきます。
日常の業務で培った技術や設備の活かし方や、普段の心構えなや具体的な対応策などを学び、同業者や地域へ啓蒙していきます。

区切り線

建設事業にたずさわる事業者団体の強みを活かして、建物の不燃化促進、耐震性の向上や災害対策施設の設置等、災害に強いまちづくりへ貢献します。
この取り組みを杉並区を始めとする行政機関と協調して実行してまいります。

区切り線

協議会の活動を通して、地域コミュニティの活性化に貢献し、町会・自治会を結ぶネットワークの仲介役を担うことによる連携の強化、情報交換の活性化で、いざという時にきちんと機能する組織作りをしていくことによって、地域社会へ貢献してまいります。

区切り線

地震等の大規模な災害が発生したときには、通信が分断され、情報の混乱がおこります。
そのような時に、会員事業所を連絡拠点として活用し、情報提供に貢献します。

区切り線

いざという時は、普段からやっていることしか出来ないと言われています。
会員をはじめ、区民の皆さまの防災意識を高めるイベントを主催したり、お手伝いをします。